010150
KITA's Bulletin Board
CB750Four乗りのブログ、カメラやスキーの話題も




[HOME] [LOG] [Archive]

タフトとハスラーの小ネタ [KITA]
2022/05/19(Thu) No.5024
 

ダイハツ・タフトとスズキ・ハスラーは比較されますが、変態な私の比較はタイヤサイズ(直径)の違いです。
タフトは、165/65R15(直径596.0mm)です。ハスラーは、165/60R15(直径579.0mm)
です。扁平率が違います。ハスラーの方が一段薄いタイヤです。半径にして約9mm違います。これは最低地上高に関わる要因で、雪道や悪路を走るときは高いほうが有利です。小型車は185/60R15が多いので、雪道はだいたいそれに合った雪轍となります。平均より高ければボコボコ雪の塊へのあたりを感じることは少ないし、平均より低いければあたりを感じることは多くなります。軽自動車は、155/65R14(557.6mm)が多いので小型車より約10mm不利ということになります。多くの軽が通った轍や、除雪道は問題なしです。
ダイハツ・タフトとスズキ・ハスラーに話を戻すと、タフトのほうがタイヤが大きいので、私はそれだけでこの種の車はそちらにアドバンテージを感じるという話です。



10月1日只見線全線再開通 [KITA]
2022/05/18(Wed) No.5023
  HomePage

報道によると、10月1日に只見線が11年ぶりに全線再開通とのこと。
よかったですねえ。長かったですねえ。
2011年7月の大雨で、橋が流されたり、山が崩れたり。国道252も復旧に1年かかりました。
2012年の日記に只見線の様子があります。
http://kita-dream.sakura.ne.jp/kita/log/33/index.html



斧(木割り) [KITA]
2022/05/17(Tue) No.5021
  HomePage

里山管理の道具の「斧」を新調しました。数十年前の錆びたりくたびれたりしていた斧の柄が折れたことがきっかけでしたが、新しい斧を買いました。三条の水野製作所の500匁サイズです。今まで使っていたのも、ほぼこの重さでした。
古いものも再生できるか尋ねると再生可能とのことで再生もお願いしました。古いものは刃が短く柄にむかってゆるやかな開きです。食い込みはよいですが、割りのインパクトは弱めと察します。水野製作所のものは現在の一般的な形状で、刃がやや長く、くっと開いて柄に向かいます。使い慣れたものに比べて堅い木のときにどうかなと不安でしたが、古いものよりずっと割り味よく木割りできます。木割りは斧の重さで、落とすように割ります。円運動させると危険です。
古い斧が昨日、再生されて戻ってきました。びっくりです。新品になりました。水野製作所の丁寧な仕事に感謝です。新しい斧の調子がよいので、再生したものの出番は少なくなりそうです。節で割りにくいところを裂いていくときに、刃が短くて食い込みのよい古い斧を使うことになりそうです。


Re: 斧(木割り) [KITA]
2022/05/17(Tue) No.5022
 

木割りしても薪を作るわけではありません。薪ストーブや、キャンプ焚き火など、おしゃれなことをする趣味はありません。割って乾かして焼却するのみです。木は、光エネルギーで、空気中の二酸化炭素と、水を使って有機化合物を作るわけですから、燃やしても空気中の二酸化炭素を増やすことにはなりません。炭素成分が酸素と結びつき二酸化炭素に、水素成分が酸素と結びつき水になるので、循環の一部というわけです。太古の二酸化炭素と水をためこんだ石油などで現在の酸素を消費すると二酸化炭素や水蒸気は増えるでしょう。ところで、植物が作り出す酸素で、人間が必要以上にエネルギーとして消費する酸素をまかなえるのでしょうか?人間以外の生物が消費する酸素はわずかと思うのですが。二酸化炭素が増えることは問題視されていますが、酸素が減るという心配はないのかなあ。



v-strom-sx [KITA]
2022/05/06(Fri) No.5020
  HomePage

スズキ(インド)からV-Strom-SXが登場しました。250単気筒油冷エンジン、ジクサーと同じエンジンの旅バイクです。現行V-Strom 250は180度クランク2気筒です。単気筒と2気筒の違いなのですが、私は250くらいなら単気筒のほうがトルク感があって好きです。2気筒なら500、3気筒なら750、4気筒なら1000という大きさです。日本での発売は今現在ありませんが楽しみなバイクです。
https://www.suzukimotorcycle.co.in/product-details/v-strom-sx



雨具とスキーウェア [KITA]
2022/05/06(Fri) No.5017
  HomePage

スキーの季節は、春スキーな方もだいたい連休までと思いますが、ウェアの話を。
私は、近年はスキーウェアというものを買ったことがありません。カッパ、雨具、レインウェアをスキーのときに使うからです。
バイク乗りなのでカッパは日常的に使っていました。最近は、カッパの素材もよくなり、防水、透湿、伸縮性がよくなってきています。防寒は重ね着でなんとでもなりますし、フリース系の素材の暖かくて伸縮性のある上下にレインウェアを着ればスキーウェアのできあがりです。防水性はスキーウェアより高いです。スキーだけならバイク乗り目的より、少々防水が弱くても大丈夫です。透湿性や伸縮性、転倒時の表面摩擦を考えるとつるつるすぎないものがよいでしょう。登山用品のレインウェア的なものなら汎用性大だと思います。バイクでも通勤1時間程度ならそこそこ使えますから。
作業服のワークマンから5000円弱で買える雨具もでています。どんなものでしょう?試してみたいですが、カッパ系はたくさんもっているのでちょっと先になりそうです。
https://workman.jp/shop/g/g2300068516023/


Re: 雨具とスキーウェア [KITA]
2022/05/06(Fri) No.5018
  HomePage

バイク用にスクーターに積んでいたりするのはこれです。
昔からゴールドウィンでした。股の防水テープのあたりからしみこむようになると交換していました。上のほうは下よりもつので、損な感じがすると思いましたが最近は下だけもあるようですし、股がシームレスになったようです。ツーリングで運悪く一日雨などとなると、尻にはかなり圧がかかるので防水はなかなか難しいです。最近はそんなツーリングもしなくなりました。カッパ2着重ね着ならまず完璧です。
https://www.goldwin.co.jp/ap/item/i/m/GSM22902


Re: 雨具とスキーウェア [KITA]
2022/05/06(Fri) No.5019
  HomePage

もうひとつはモンベルのこれ
https://webshop.montbell.jp/goods/disp.php?product_id=1131106


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]

Form for Post

Name

Subject

Text

input "post"

PW to Edit

it's needed for correct or delete your post
Picture

(less than 2000 KB)
URL

Post a Message

note: your post might be deleted when i don't like it.

article of No. ... password
via 18.205.56.183/ec2-18-205-56-183.compute-1.amazonaws.com
2022/05/20(Fri) 06:33(JST)
[ADMIN]
- Joyful Note -